モグワンドッグフード

モグワンの給餌量をまるっと解説!子犬・成犬・シニア犬の適正なドックフード量は?

モグワンの給餌量

「モグワンを愛犬に食べさせてみたいけど、どの位の量をやればいいか分からない」という方は多いのではないでしょうか。

モグワンは適当にやれば良いのではなく、犬種や年齢、体重など愛犬の条件によって適正な給餌量は違っています。

この記事では子犬や成犬、シニア犬ごとにあげるモグワンの適正な給餌量のほか、妊娠中のドッグフード量についても解説したいと思います。

ぜひあなたの愛犬の適切なドッグフード量を知って、健康的な食事を与えてあげましょう。

子犬、成犬、シニア犬の適正なモグワンドッグフード量

モグワンを与える場合、愛犬の条件に合った量をあげる様に心掛けたいもの。

適正なドッグフード量はこの後で解説する計算式を用いることで求めることができますが、まずはメーカーが公表している愛犬の年齢ごとのドッグフード量を一覧で確認してみましょう。

通常は愛犬の様子を見ながら、メーカーが公表しているドッグフード量を基本に与えてみればOKです。

子犬のモグワン給餌量

ここではモグワンドッグフードのパッケージに記載されている給餌量を紹介します。

この表は、現在の体重によるものではなく「成犬になった時の体重」ごとにクラス分けされており、愛犬の月年齢によってドッグフード量が分かる様になっています。

子犬にモグワンをあたえる時の給餌量の目安となるので確認してみましょう。

成犬時の体重2~3ヶ月4~5ヶ月6~7ヶ月8~9ヶ月10~11ヶ月12~13ヶ月14~15ヶ月
1~4 kg60~70 g80~90 g80~90 g60~70 g50 g~成犬成犬成犬
5~10 kg140~150 g160~170 g170~180 g160~170 g140~150 g成犬成犬
11~15 kg170~180 g190~200 g210~220 g210~220 g200~210 g190 g~成犬成犬
16~20 kg210~220 g230~240 g250~260 g250~260 g230~240 g220 g~成犬成犬
21~25 kg260~270 g280~290 g300~310 g300~310 g280~290 g270 g~成犬成犬
26~30kg310~320 g330~340 g350~360 g370 g350~360 g330~340 g310~320 g
31~35 kg350~360 g370~380 g390~400 g410 g390~400 g370~380 g350~360 g

子犬に餌をあげるポイント

生後6ヶ月頃までは消化機能が弱く1度に多くは食べられないので、3~4回/日に分けて与えてあげましょう。

それ以降は1日に2回に分ければOKです。

成犬(1~7歳)のモグワン給餌量

成犬(1~7歳)にモグワンを与える場合の給餌量を紹介します。

子犬と違って月年齢でなく年齢ごとなのでシンプルな表になっています。

7歳までと表記していますが、大型犬は5歳になる頃までが成犬と考えると良いと思います。

体重モグワンの給餌量
1~4㎏26~73g
5~10㎏86~145g
11~15㎏155~196g
16~20㎏206~243g
21~25㎏252~288g
26~30㎏296~330g
31~35㎏338~370g

シニア犬(7歳~)のモグワン給餌量

シニア犬の給餌量は若い成犬に比べて全体的に少し給餌量が少なくなっていますが、これは若い犬に比べて活動量が減ったり、消化能力が弱くなっているからです。

モグワンのパッケージに記載されている給餌量表には、7歳からがシニア犬として扱われていますが、犬の寿命は一般的に小型犬ほど長く、大型になるほど短くなります。

そのため、愛犬の大きさによってシニア犬の定義が違うと考えるのが一般的です。

大型犬は5歳を迎えたら、小型・中型犬は6~8歳を超えたらシニア犬として考えるのが良いでしょう。

体重モグワンの給餌量
1~4㎏25~69g
5~10㎏82~138g
11~15㎏148~187g
16~20㎏196~232g
21~25㎏241~275g
26~30㎏283~315g
31~35㎏323~353g

愛犬ごとに適正なドッグフード量か違う理由

「愛犬がかわいいから」「この子が欲しがるから」などの理由でドッグフードを愛犬に与えすぎるのは良くありません。

その理由は愛犬の犬種や年齢、体重などによって適正な給餌量が決まっていて、定められたラインから大きく逸脱すると栄養過多や栄養不足になる恐れがあるからです。

与えすぎると肥満の原因になったり、体調にも影響する事もあるので、愛犬ごとの適正な給餌量を把握しておく事をおすすめします。

愛犬の適正な給餌量の計算方法

愛犬の条件に合ったドッグフード量の計算には、3つの専門用語がでてきます。

どれも聞きなれないものなので、初めに解説していきます。

  • ①RER=安静時必要エネルギー量(Resting Energy Requirement)
  • ②活動係数=年齢や体重などその時の成長具合によって変動する愛犬の状態に合わせて数値化された定数
  • ③DER=1日あたりのエネルギー要求量(Daily Energy Requirement)

①RERとは愛犬の安静時エネルギー要求量

RERResting Energy Requirementの頭文字をとったもので、愛犬が常温の環境で安静にして過ごした場合に1日に必要なエネルギー要求量のことです。

モグモグ

RERは愛犬が安静に過ごした時に、1日に必要なカロリーのことだよ。

RER=(体重)0.75×70 

RERの計算式

RER=(体重)0.75×70

計算機を使って簡単に計算する事ができます。

【計算機の操作手順】 体重×体重×体重=√√×70

愛犬の体重が10㎏の場合の計算方法

step
1
10(㎏)×10(㎏)×10(㎏)=1000


step
2
√を2回押す(5.623413…と表示される)


step
3
5.62341…×70=393.63892…


つまり10㎏の愛犬のRER(1日に必要なカロリー)は約394kcalという事になります。

②活動係数とは愛犬の成長や妊娠などに応じた定数

活動係数は愛犬の成長や妊娠、去勢などの条件によって数値化されたもので次の図のように定められています。

状態活動係数
子犬(~3ヶ月)3.0
子犬(4~9ヶ月)2.5
子犬(10ヶ月~1歳)2.0
避妊、去勢をしている成犬1.6
避妊、去勢をしていない成犬1.8
肥満傾向の成犬1.4
妊娠期(1~4週目)2.0
妊娠期(5~6週目)2.5
妊娠期(7~8週目)3.0
産後授乳期4.0~8.0
高齢犬(シニア犬)1.4
減量1.0
重篤管理1.0
体重増加1.2~1.4

③DERとは愛犬の1日あたりのエネルギー要求量

DERDaily Energy Requirementの頭文字をとったもので、体重や年齢などのライフステージ、生活環境や運動量など愛犬の条件に応じた1日に必要なエネルギー要求量のことです。

DERの計算式

DER=RER(安静時必要エネルギー量)×活動係数

体重10㎏で避妊、去勢をしていない成犬のDERの計算例

体重10㎏の愛犬のRERは約394kcal、避妊、去勢をしていない成犬の活動係数は1.8なのでこれを計算式に当てはめると

394kcal×1.8=709.2kcal

この条件の愛犬が1日に必要なDERは約709kcalという事になります。

DERからモグワンの給餌量を計算する

上の例の場合、体重10㎏で避妊、去勢をしていない成犬のDERをドッグフードの1gあたりのカロリーで割ることで、1日に与える給餌量を出すことができます。

1日あたりの給餌量

1日の給餌量=DER(安静時必要エネルギー量)÷1gあたりのカロリー

ドッグフードによって栄養素が違うので、当然ながらエネルギー量も違っています。

モグワンのカロリーは363kcal/100gなので、1gあたり3.63kcalになります。

709.2kcal÷3.63kcal=195.371…

つまり1日に約196gのモグワンを与えれば良いという事がわかりました。

給餌量の計算式

ここまでみてきた3つの数値を使って愛犬ごとの1日に必要な給餌量が分かりました。

ここからは実際にモグワンを与えるときに、1日にどのくらいの量を食べさせればいいかを見てみましょう。

【子犬のモグワン給餌量】計算式を使った適正なドッグフード量

体重2~3ヶ月4~9か月10か月~1歳
1㎏58g48g39g
2㎏98g81g65g
3㎏132g110g88g
4㎏164g136g109g
5㎏193g161g129g
6㎏221g185g148g
7㎏249g207g166g
8㎏275g229g183g
9㎏301g251g201g
10㎏326g271g217g
11㎏350g291g233g
12㎏373g311g248g
23㎏396g330g264g
14㎏419g349g279g
15㎏441g368g294g

子犬は月年齢が若いほど成長に係る栄養がより多く必要になるため、給餌量も多くなります。

また、消化機能が弱いため1度に多くのドッグフードを与えることは避けて、生後6ヶ月くらいまでは1日に3~4回に分けて様子を見ながら少しずつ与えてあげましょう。

成長するにつれてドッグフード量も少なくしていくわけですが、減らさずに与え続けると栄養過多で肥満につながります。

モグモグ

成長や体重に合わせた量を与えてね。

【成犬のモグワン給餌量】計算式を使った適正なドッグフード量

体重避妊・去勢していない成犬避妊・去勢している成犬肥満傾向
1㎏35g31g27g
2㎏59g52g46g
3㎏79g71g62g
4㎏98g87g76g
5㎏116g103g90g
6㎏133g118g103g
7㎏149g133g116g
8㎏165g147g128g
9㎏180g160g140g
10㎏195g174g152g
11㎏210g186g163g
12㎏224g199g174g
15㎏265g235g206g
20㎏329g292g256g
25㎏389g346g303g
30㎏446g397g347g

ここでは「避妊・去勢の有無」と「肥満傾向」にスポットをあてて計算した給餌量を一覧にしました。

成犬は子犬のころに比べてドッグフード量が少なくなっています。

愛犬の様子を見ながら、この量を1日2回に分けて与えてあげればよいでしょう。

【妊娠・授乳期のモグワン給餌量】計算式を使った適正なドッグフード量

体重妊娠期(1~4週目)妊娠期(5~6週目)妊娠期(7~8週目)産後授乳期
1㎏39g48g58g77~154g
2㎏65g81g98g130~260g
3㎏88g110g132g176~353g
4㎏109g136g164g218~436g
5㎏129g161g193g258~516g
6㎏148g185g221g295~591g
7㎏166g207g249g332~663g
8㎏183g229g275g367~734g
9㎏201g251g301g401~802g
10㎏217g271g326g434~868g
11㎏233g291g350g466~932g
12㎏248g311g373g497~994g
13㎏264g330g396g528~1,056g
14㎏279g349g419g559~1,117g
15㎏294g368g441g558~1,177g
16㎏309g387g464g619~1,237g
17㎏324g405g486g648~1,295g
18㎏338g422g507g676~1,352g
19㎏352g440g528g704~1,407g
20㎏366g457g549g731~1,463g

妊娠中は多くの栄養が必要になるため期間を通して徐々に給餌量が増えていき、産後重機には子犬に与える母乳を作るためにドッグフードの量はさらに多くなります。

育てる子犬の数にもよるため給餌量には幅がありますが、一気に多くのドッグフードを食べる事が出来ない場合もあるため様子を見ながら複数回に分けて与えてあげましょう。

【シニア犬のモグワン給餌量】計算式を使った適正なドッグフード量

体重モグワン量
1㎏27g
2㎏46g
3㎏62g
4㎏76g
5㎏90g
6㎏103g
7㎏116g
8㎏128g
9㎏140g
10㎏152g
11㎏163g
12㎏174g
15㎏206g
20㎏256g
25㎏303g
30㎏347g

シニア犬は若い頃に比べて消化器官などが老化するため消化に時間がかかったり、うまく消化が出来ない事もあります。

愛犬にいつまでも元気にいてもらうために、3~4回に分けて少量ずつ与えてもよいでしょう。

心配な場合は普段の体調や食後の様子を見ながら、かかりつけの獣医さんに相談してみましょう。

うんちの状態でモグワンの給餌量をチェックする方法

ウォルサム糞便スコアチャート
出典:ウォルサム研究所

ここまで計算式を使って愛犬に合わせたモグワンの給餌量を知るための方法を紹介してきましたが、普段のうんちの状態をチェックすることで本当にこの量で合っているのかを確認する事ができます。

うんちが硬すぎたり柔らかすぎたりする場合、給餌量が合っていない可能性があります。

硬い場合はモグワンの量を少し増やしてみて、柔らかい時はモグワンを少し減らしてみて様子をみてみましょう。

ドッグフード量を変えてみても変化がない場合は他の原因も考えられるため掛かりつけの獣医さんに相談してみると良いでしょう。

-モグワンドッグフード